杉山 正 - Masashi Sugiyama

Top

up_anime.gif
Masashi Sugiyama Brass Camp2016 (10月8日~9日開催) 詳細・お申し込みはこちらからLinkIcon

杉山 正モデルトランペット"VIRTUOSO"好評発売中!

Virtuosoフライヤー.jpg
構想から十余年。遂にリリースされたVirtuosoトランペットは、CG Marcinkiewicz のブライトさと強さに CG Selmerの融通性と柔らかな響きが加わった感じに仕上がりました。
すべてのジャンルに対応出来る楽器です。是非試奏なさってみてください。お問い合わせ・お求めは全国の楽器店で。

LinkIconVirtuosoについてのコラムはこちら

金管演奏の原理【金管楽器奏者必読の一冊】

金管演奏の原理.JPG金管演奏の原理.JPG
クラウド・ゴードンがクラークをはじめとする巨匠達の奏法の分析と自らの探究し続けた幻の奏法をつづった著書「Brass Playing No Harder Than Deep Breathing」の和訳本。
考察のページではこの本が出来上がった背景や限られた紙面の中では語りきれなかった事柄などにもスポットを当てています。是非お読みください。 
「金管演奏の原理」考察を読むLinkIcon

カスタマーレビューはこちら

イベント・トピック & What's new!

Doticon_wht_Comment.pngイベント情報、処方箋と教則本ほかのトピックは上記トピックリンクをクリックするとご覧頂けます。

new_anime.gif
第8回杉山正ブラスキャンプ参加申し込み受付中!

msbc2016announcing.jpg
2016年10月8日〜9日、新幹線も乗り入れグッと近くなった北海道支笏湖で開催です。「もし、金管演奏に秘密があるとしたら、それは舌である」とクラウド・ゴードンが『金管演奏の原理』で述べているように、ブラスキャンプではその秘密の解明とともに徹底的に皆さまのタングを覚醒いたします! 是非ご参加ください!


2016年9月17日(土)

ハイノートセミナー@渋谷ブラスプロ
お申し込みはこちら



ブラスキャンプPV 2014版


ブラスキャンプ体験レポート

ブラスキャンプ2013体験レポートはこちら フレキシビリティとペダルのデモがあります。LinkIcon

すべての要素に良い影響があるペダルノート。そのワンポイントアドバイスとは。

<まずエアーを管体に通す、音はあとから付いて来る>

「教則本にペダルノートが出て来るのですが、ペダルがうまく吹けません。どうしたらいいですか?」と良く質問されます。

続きを読む
*この内容はページ左のfacebook版ブラスキャンプページでもご覧頂けます。

(杉)印の100%ナチュラルスライドグリスのfacebookページが出来ました!

slidegrease.jpg
100% Natural Slide Grease/ facebook
プレビューなどを紹介しています。

購入をご希望の方はメールでお問い合わせください。


MSモデルマウスピース by Joe Marcinkiewicz & Bob Reeves

MSmodelMpc.jpg
ハーバート・クラークからクラウド・ゴードンへと受け継がれた理論をベースとした私のリクエストをJoe Marcinkiewicz とBob Reeves が忠実に再現してくれました。
詳細はこちら


楽器 for Kids

Serendipity18 メンバーのひとり、バリトンサックスの武田和大が「被災地の子供達に楽器を送ろう」と立ち上げたプロジェクトはこちらです。ご賛同、ご協力いただける方がいらっしゃいましたらご一報いただけると幸いです。

楽器 for KidsLinkIcon

トピック

IMG_7258.JPG私がリーダー&リードトランペットを務めるビッグバンド"Serendipity 18"

Serendipity18LinkIcon

660801731_101.jpg毎回大好評の杉山正ブラスキャンプ イン菅平。今年も充実したものとなりました。

Masashi Sugiyama Brass CampLinkIcon

P1010423.JPGゴードンの処方箋はWhen to practice, What to practice, How to practiceが常にベースにありました。年代は前後しますが、印象に残っている処方箋を紹介して行こうと思います。

処方箋と教則本LinkIcon

TM42.jpg皆さまにご愛用いただいておりましたTM(タングマジック)オリジナルのトランペット・マウスピースはお取り扱いを終了いたしました。杉山 正オリジナルモデルについては、Bob ReevesとJoe Marcinkiewiczから引き続き発売されており、好評を得ています。お問い合わせはジョイブラスまでお願いいたします。

logoblack.jpg私が講師を務めるハイノート講座、タングマジックのオフィシャルサイトです。
講習会の日程などについてはこちらをご覧ください。

タンブマジックLinkIcon

clarke.jpgハーバート L. クラークをはじめとするコルネットの達人達が使用していた同モデルの楽器とマウスピースの紹介です。

ヴァーチュオーソ達のマウスピースLinkIcon

CG470.JPGClaude Gordonが現役の時にすべての仕事に使っていたトランペットは第2次世界大戦前にフランスのパリで作られたF. Besson MEHAモデルでした。

CGモデルtpの変遷LinkIcon

Conn8D.jpgホルン以外の金管教師がホルン吹きの生徒と直面した時のための一般的なガイドラインとしてゴードンのブラスキャンプで配布されたテキストの紹介です。

ホルン奏者のためのガイダンスLinkIcon


ご注意下さい

Claude Gordonから指導者認定されていない方がClaude Gordonの名のもとに指導を行った場合、教授される内容については、Claude Gordon Music Enterpriseも直弟子である私、杉山 正も一切責任を負いませんのでご注意下さい。

ちなみにClaude Gordon International Brass Workshopにおけるスタッフは以下の通りでした。
Bruce Haag, Carl Leach, Dave Bendigkeit, Dave Evans, Kent Mikasa, Larry Miller, M.D. , Larry Souza, Masashi Sugiyama, Paul Witt, Richard Hofmann, Tom Brozene  Claude Gordon International Brassworkshop flyerを見るLinkIcon





ページの先頭へ

17年間師事したClaude Gordonは私の灯台であり、学んできた事柄は私の宝物となりました。『いつ、何を、どのように練習すればよいのか』『楽に演奏するには何を機能させるのか』H.L.クラークからゴードンへ伝わった金管奏法はシンプルでナチュラル、そして理にかなったものでした。

CG Brass Quintetのアルバムより"Alfie"

☆ CDリリースのご案内

杉山正ソロCD「THE GALAXY BEYOND」:上級者用(音域Double Bbまで)、中級者用 (音域ハイBbまで)、それぞれ解説有無の4種類のパート譜がダウンロード出来る特典付きです。聴いて楽しむも良し、カラオケと一緒に演奏するも良し。ご自由にお楽しみください!

試聴/詳細はこちら

facebook版
「杉山 正ブラスキャンプページ」
練習に役立つヒント、参考資料満載です。どうぞご利用ください。

69233_218366318307178_841095112_n.jpgfacebookのハイノート入門ページでは私が講習会や金管ワークショップで語った事柄を紹介しています。

What's New

・杉山正の金管問答

51Tu1gZBNaL.jpg
金管楽器を学ぶ道のりにはいくつもの難所が待ち構えています。練習を続けるうちに、何度も行き詰まることがあると思います。みなさんの先輩たちもたくさんの悩みを抱えていました。本書に集められた質疑応答は、著者のもとへ実際に寄せられた質問と、それらに対する著者からの回答を、一般の人が読んでも参考になる形で編集したものです。頭で考えた「想定問答集」ではなく、本物の質疑応答を脚色せずに掲載しています。本書が同じ疑問やスランプで苦しむ人たちを救う助けとなれば幸いです。


杉山 正プロデュース100% Natural スライドグリス

slidegrease.jpg
言うまでもなく、金管楽器は呼吸動作を伴います。そこで、気持ちよくリラックスしてブレス出来るよう天然ペパーミントを加えてみました。あなたの楽器にもアロマを! 
是非お試しください。

・新刊「ハイノートマスター」 〜伝説のバーチュオーソに学ぶ18のメロディックアプローチ〜

hnm_t_cover.jpg従来のアルペジオを使った音域拡大練習とは異なるアプローチによる金管楽器のハイノート開発法。5オクターブの音域を楽々と吹きこなした伝説のバーチュオーソたちに学び、18種類のメロディックなフレーズをシラブルと多様なタンギングの組み合わせでトレーニングする。これまでよりさらに高い次元を目指す人のために書かれた秘伝のエクササイズ集。

続きを読むLinkIcon

・Technical Studies オリジナルと改訂版

1072492_513641272042921_2051526817_o.jpgTechnical Studies 1番〜9番のオリジナル版と改訂版の紹介。使い方の指示にこんなにも違いがあります。では、オリジナル版が良いのか、ということではなく、、、

続きを読むLinkIcon
コラムページのTechnical Studiesのタブをクリックして下さい。

Cat Andersonのハイノート指使い

Cat_fingering.jpg
これはCat Andersonのハイノート指使いです。ゴードンとは少し違いますが参考になると思います。

続きを読むLinkIcon
フィンガリングのタブをクリックして下さい

・2nd Systematic Approach

SA2.jpgClaude Gordonの代表的な著書、Systematic Approach to Daily Practiceには、この教則本をきちんと終了した奏者のために2nd Systematic Approachと呼ばれるものが存在していました。

続きを読むLinkIcon

・バックボアの比較

マウスピースを縦にカットした断面図は必見。バックボアが一目瞭然です。

続きを読む

・まずパワーをつける。

まずパワーをつける。ウインドパワーのない奏者はウインドコントロールは出来ないのです。

続きを読む
金管楽器上達考のタブをクリックしてください。

・金管演奏に関する不可解な現象

いつも唇、そしてまた唇ばかりが、まさに今、私達の時代にまで、良い演奏にも悪い演奏にもその原因とされて来たのだ。そして次には呼吸のことだ。

続きを読む
奏法・教則本のタブをクリックして下さい。

・ペダルのお手本

2013年2月24日にドイツで行われたアルトゥーロ・サンドバルの演奏を紹介します。
すべてにおいて素晴らしいパフォーマンスですが、特に...

続きを読む
金管楽器上達考のタブをクリックしてください。

・Technical Studies & Arturo Sandoval

「金管奏者には良い食事とクラークが必要不可欠」by Claude Gordon
ゲストプレーヤーとしてCG Brass Campに参加したアルトゥーロ・サンドバルが...

続きを読む
教則本のタブをクリックしてください。

・CHEST UP

chestup.jpgこの姿勢をとれば、肺は多くの空気を取り入れることが出来ます。チェストアップさえしていれば.....


続きを読む
*金管楽器上達考のタブをクリックしてください。

・英語版FTBアマゾンで発売開始

FTB_English.jpg
今までアメリカのオンラインショップでしか取り扱いがなかった英語版FTBがamazon.co.jpで発売開始となりました。ヘ音版も同時発売です。

Booksページで見る


・TLT リードトロンボーンのための特別トレーニング

TLT.bass.jpg
ビッグバンドの1stトロンボーン奏者、吹奏楽やオーケストラの主席金管奏者に要求される高音域はもとより、パワー、耐久力、サウンド、コントロールを養成するための教則本の紹介です。
トロンボーン奏者だけでなくチューバ奏者、ユーフォニアム奏者にもおすすめです。



・Masashi Sugiyamaモデルマウスピース by Joe Macinkiewicz

MSMpc.JPG写真提供 Joy Brass

Joe Marcinkiewicz MSモデルマウスピースのサイズは5種類。20ドリル、カーブしたオープンなバックボア、短いスロート、東洋人の唇に心地よくフィットするためリムに少々クッションを付けるなど各所に拘りました。Bachサイズの内径に置き換えると、1-1/2、3、7、10-1/2、20で展開しています。

フライヤーはこちらLinkIcon
ご予約/お問い合わせ(担当:吉野まで)LinkIcon

・Now! わが師クラウド・ゴードンの言葉

now.jpg
「Now !」by Masashi Sugiyama. There are many episodes, photos and wise sayings that describe Claude Gordon's brass playing philosophy in the book. You can get some hints from this.
私が耳にして特に記憶に残っている温かいひと言、キツイひと言、笑ってしまったひと言を秘蔵写真とともに覚えている限り紹介しています。頑張っているブラスプレーヤーに是非読んでいただきたいと思います。

・Brass Camp Report

_1010491.jpg

ブラスキャンプレポート

第1回、第2回と大好評だったブラスキャンプレポートです。

レポートを読むLinkIcon

・Blog

Brass Camp.jpg

杉山正の金管魂

と題して、金管楽器に関する情報、日々のことなど発信しています。

ブログを読むLinkIcon