杉山 正 Brass Camp レポート

〜 すべての金管楽器奏者と金管楽器指導者のための 〜

| HOME | Brass Camp Home | Camp report | MSBC2010 Report |

更新日 2017-11-02 | 作成日 2008-05-14

new.gif
Masashi Sugiyama Brass Camp 2010@ ゾンタック フォーレス館

2010.7.17 (第1日目)

今年のブラスキャンプも全国各地から、そしてなんと16歳の高校生から人生経験豊かな69歳の方までたくさんの熱血ブラスプレーヤーが参加してくれました。
P1000948.JPGP1000937.JPG今回はゾンタック別館フォーレス館を貸し切りにしてのブラスキャンプ。夜は雷雨となりましたが、館内移動のため悪天候もなんのその。昼間は天候に恵まれ最高の3日間となりました。
P1000884.JPG受付開始時間前から続々と参加者の方々が集まって来ます。リピーター(ってまだ2回目ですが、、)も多く、あちらこちらで昨年参加された方々と再会を喜び合う声が聞こえて来ました。受付後、昼食を済ませた後はホールでブラスキャンプスタッフ&総合司会のクマさんこと熊谷裕一さんによるオリエンテーションと野本会長(またの名を菅平の父)の挨拶でキャンプ1日目が始まりました。


P1000889.JPG最初の講義は杉山正による「舌」の役目について。金管楽器演奏において音程を変えるものは何か、それは舌である。では、どのように舌を訓練させて行くのか、Flex Tongue Build(FTB)の#1〜#4のデモンストレーションを交えながら分かりやすく解説して行きます。デモンストレーターは自らも指導者として活動している東京から参加の梅澤伸之さん。さすがに緊張されたという話でしたが、特に#4のテンポの速さ、正確さ、滑らかな舌の動き、フレーズの最高音での素晴らしいエアーのハイキックに思わず参加者から感嘆の声が上がりました。1日の練習の始まりは舌を滑らかに動かす事から。これはウォーミングアップにも最適です。FTBの他にもClaude Gordon著のTongue Level Exercises、Daily Trumpet Routinesを使ってタンギングの練習もしました。P1000894.JPGTaw - Tee のシラブル以外にも”K” タングも加わります。”K”タングポジションの舌の位置はハイノートポジションの舌の位置にも繋がる有効な練習です。この他にもここでは紹介出来ませんが、秘伝のいくつかのリズムパターンが紹介されました。目から鱗のリズムパターン練習を講義終了後早速取り入れている方多数発見。



P1010219.JPGP1010432.JPG続いて深谷政巳氏の楽器のケアについての講義です。今回はリペアの話だけでなく、ハイパフォーマンスをするためにも常に楽器を良い状態に保っておくこと、またリペアに出す際には楽器の仕組みをよく理解してきちんとリペアマンに伝えることも大事だというお話がありました。講義後は楽器をもっと大切にしなくては、と思われた方が沢山いたようです。深谷氏からは昨年に引き続き、今回もブラスキャンプ中であれば希望される方はどなたでも無償でリペアを行っていただける特典を申し出ていただきました。深夜にまで及ぶ献身的なリペアの数々、ありがとうございました。


P1010427.JPGP1010225.JPG
夕食後はLAを拠点に活動している新進気鋭のピアニスト&フィルムコンポーザーJordan Seigel のベーシックジャズ理論。コードシンボル、スケール、タイム感などについて分かりやすく説明してくれました。ブルーススケールの音だけを使ってのインプロヴァイズに果敢に挑戦するジャズ初心者の方々、ブラボーでした! こんなにたくさんのブラスプレーヤー達が一堂に会するのを見たのは初めてだというJordanから、来年のブラスキャンプのために、ブラスキャンプ・ファンファーレを作曲する、という嬉しい提案がありました。もちろんエンディングはダブルハイC!? 来年のブラスキャンプでは素晴らしいファンファーレが菅平高原に響き渡ることでしょう。


P1010256.JPG 1日目最後のレクチャーは21時からスタートの杉山正指導によるジャズアンサンブルと松崎祐一氏によるクラシックアンサンブル。ジャズアンサンブルはGordon Goodwin Big Phat Bandの曲のブラス部分をマイナスワンならぬマイナスエイト状態で吹きまくります。杉山正がリードトランペットを務めるSerendipity18の疑似体験さながらのアンサンブルに皆さんハイテンションで取り組んでいました。クラシックアンサンブルでは松崎氏のきめ細やかな指導であっという間にアンサンブルがまとまって行きます。部屋の外には指導を待つグループが入念に練習をしています。受講者はどちらに出てもよいことになっていたので、皆さん二つの会場を急がしそうに出たり入ったりしていました。アンサンブル指導は深夜12時近くまで行われるという初日から濃い内容となりました。


_1010445.jpg空の青、白い雲、木々の緑のコントラストが美しい菅平高原 photo by Iwao Nomoto
P1010210.JPG
_1010395.jpg