【前田利家とクラークに学ぶ🤔】


加賀百万石の祖、前田利家。槍の名手であった利家が豊臣政権のナンバー2にまで登りつめることが出来た秘密とは人並み外れた「広背筋」と「謝罪術」だったとか。実際に利家は晩年になっても家臣が驚くほどの体力があって身軽だったようです🚀 謝罪術はさておき、管楽器奏者が気をつけなければならないのは、広背筋が衰えると姿勢も悪くなり呼吸が浅くなってしまうということです。







そうならないためのエクササイズもあるようですが、運動する時間があれば楽器の練習をしたい❗️と思う私達は普段から姿勢を良くすることで広背筋の衰えが防げます。写真のクラークをはじめ偉大な管楽器奏者やオペラ歌手は皆良い姿勢です。 何歳になってもたっぷりとエアーが吸えてアンチエイジングにも役立つ方法は、「クラークと前田利家に学べ‼️」ですね😊 画像出典:How I Became a Cornetist & Wikipedia


九州ブラスキャンプ https://bit.ly/34q0BR0 ブラスキャンプでは、クラークから伝わったブリージングエクササイズが紹介されます。福田 員茂医師による呼吸講座もご期待ください‼️

31回の閲覧

最新記事

すべて表示

コルネットの名手なのに...

【金管演奏の原理とその考察】 今日の膝打ちポイントはのP.20 ボウミール・クリルについて。 ここには、クリルがテクニック、音域など全てが一流で、いかに優れたプレーヤーだったかが記述されています。 中でも、ペダルトーンに関しては当時右に出る人がいなかったと言われています。 しかし、この最高のコルネット奏者と言われたクリルが、師事していた先生からプレーヤーとしてこれ以上ない