ウインドパワー

今日の膝打ちポイントは【金管演奏の原理とその考察】P.58の”ウインドパワー”


ウインドパワーの開発は、楽器を簡単に演奏するために重要な要素であり、そのためには正しい呼吸が不可欠である。

練習に取り組む姿勢については、スポーツ選手と奏者を図を用いて解説しています。重量挙げについては、『お腹を突き出して持ち上げようとするなら、たちまちヘルニアの候補者になるはずだ』と言っています。












ここで思い出したのが、ワークショップで足を組んで演奏していた生徒に向かってゴードンのひと言。『そんな格好で演奏していたらヘルニアになるぞ!』

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

Bob Reevesと言えばMpcもさる事ながら、彼のバルブアライメントも米国内で最高の評価を受けています。 私の初アライメントは79年にLAを訪れた時。それが数年前から日本国内で出来るなんて隔世の感があり、そう言えばボブは毎年この時期に来日していた事を思い出した初秋。 よくアライメント後は如何なるのかと聞かれますが、私個人の印象を言えば、《東名高速を走っていて第二東名に入った感じに似ています⁉️