ウインドパワー

今日の膝打ちポイントは【金管演奏の原理とその考察】P.58の”ウインドパワー”


ウインドパワーの開発は、楽器を簡単に演奏するために重要な要素であり、そのためには正しい呼吸が不可欠である。

練習に取り組む姿勢については、スポーツ選手と奏者を図を用いて解説しています。重量挙げについては、『お腹を突き出して持ち上げようとするなら、たちまちヘルニアの候補者になるはずだ』と言っています。












ここで思い出したのが、ワークショップで足を組んで演奏していた生徒に向かってゴードンのひと言。『そんな格好で演奏していたらヘルニアになるぞ!』

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

コルネットの名手なのに...

【金管演奏の原理とその考察】 今日の膝打ちポイントはのP.20 ボウミール・クリルについて。 ここには、クリルがテクニック、音域など全てが一流で、いかに優れたプレーヤーだったかが記述されています。 中でも、ペダルトーンに関しては当時右に出る人がいなかったと言われています。 しかし、この最高のコルネット奏者と言われたクリルが、師事していた先生からプレーヤーとしてこれ以上ない