クラークに学べ!

【金管演奏の原理とその考察】 今日の膝打ちポイントは『教則本とその重要性』よりP.27の下段に書かれている部分。 ゴードンは「自分のオリジナルなものは何もない。私が話していることはすべてクラークから受け継いだ遺産なのだ」と言っていました。ここには、「金管楽器史上、クラークこそが初めて金管楽器がどのようにしたら適切に機能するかを説明できた人物である。しかし、クラークについて、多くの演奏家たちがほとんど理解していない」と嘆いています。

『クラークに学べ』


この本を書いた理由は、まさにそこなのだ。と結んでいます。


動画はクラークの上級者向け教則本 Characteristic Studiesの中の "The Debutante"。 クラーク自身の演奏を、Debutanteの譜面、彼の教則本、ロングビーチのクラークの自宅前で撮られたクラークとゴードンのツーショットなどで構成されたスライドショーでお楽しみください。

閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

Bob Reevesと言えばMpcもさる事ながら、彼のバルブアライメントも米国内で最高の評価を受けています。 私の初アライメントは79年にLAを訪れた時。それが数年前から日本国内で出来るなんて隔世の感があり、そう言えばボブは毎年この時期に来日していた事を思い出した初秋。 よくアライメント後は如何なるのかと聞かれますが、私個人の印象を言えば、《東名高速を走っていて第二東名に入った感じに似ています⁉️