クラークのマウスピースはカーブしていた!?

19世紀後半から20世紀初期に活躍した、偉大なコルネットVirtuoso の一人、“Walter Smith ” が、素晴らしい教則本を残してくれました❗️ Smith に関してゴードンがまるで小噺の様な本当の話をしてくれました♪(´ε` ) その話とは........


スミス著の偉大な教則本

Smith は大切な自身のリサイタルにマウスピースを忘れてしまったそうです。そこに居合わせたハーバート クラークがマウスピースを貸してあげたそうです。(当時のコルネット奏者はマウスピースを常にポケットに入れていた)しかしクラークのマウスピースはクラーク自身の唇に合わせてカーブをしていたんですね。


クラークのマウスピースはリムがカーブしていた!

それを慌てて借りてステージに上がったSmith の演奏はいつも以上の素晴らしさだったそうです。満面の笑みで引き上げて来たSmith のコルネットにセットされていたマウスピースを見て皆が唖然‼️


横にセットされるべきところ、なんと縦にセットされていたのです(O_O)......... なんという天然⁉️なんというGENIUS ‼️

34回の閲覧

最新記事

すべて表示

コルネット奏者 ボウミール・クリル

今日の膝打ちポイントは【金管演奏の原理とその考察】P.21-22 ボウミール・クリルについて シェアした演奏は1903年のものですが、ここには、当時のイブニングニュース紙が1904年9月に行われたコンサートでクリルが演奏するこの“Dudu”を聴いた聴衆の反響を伝えた記事が紹介されています。 それを読みながらこのクリルの演奏を聴くと、まさにそこにいるかのような臨場感が味わえます。 そして、p.37に