今日の膝打ちポイント

最終更新: 2020年10月11日


「賢いトランペットプレーヤーの渡世術」

今日の膝打ちポイントは、P.77の

『ついに演奏する場面にこぎつけた!?どうすればいい』

ここには、長年ラスベガスでリードトランペットとして豊富な経験を積んできた著者ならではの大変興味深い記述があります。加えて、NOTEの部分には、リードトランペッターとしての“Conrad Gozzo ”と“Bernie Glow”の録音は聴く価値があると触れています。









この動画はBernie Glow



21回の閲覧

最新記事

すべて表示

コルネット奏者 ボウミール・クリル

今日の膝打ちポイントは【金管演奏の原理とその考察】P.21-22 ボウミール・クリルについて シェアした演奏は1903年のものですが、ここには、当時のイブニングニュース紙が1904年9月に行われたコンサートでクリルが演奏するこの“Dudu”を聴いた聴衆の反響を伝えた記事が紹介されています。 それを読みながらこのクリルの演奏を聴くと、まさにそこにいるかのような臨場感が味わえます。 そして、p.37に