新刊 Bullet Brass Training シリーズとは?

Bullet Brass Training は全部で6冊。

音楽ジャンル、初級〜上級、プロ アマ等の垣根は無く、すべての金管奏者の基本的なスキル上達に役立てて貰えればと思います。


ちなみに、

001 :舌の速さをさらに引き出すためのエクササイズ

002:舌が硬い人やタンギングがクリアでない人のために 003:フィンガリングと1小節ごとに変わる複雑なシラブルの協調 004:クロマティックを活用したメカニカルエクササイズ 005:ウォームアップ&ダウン 006:音域拡大のスペシャルエクササイズ(拙著Hign Air Buildが終了したアドバンスのプレーヤーのために)

教則本選びの参考になればと思います。

動画はクロマティックを活用した舌とフィンガリングの調和を目指したビュレットトレーニングシリーズの004 "VENUS"からLESSON1。

デモはブラスキャンプにも参加してくれている 小5の麗羅ちゃん



83回の閲覧

最新記事

すべて表示

コルネットの名手なのに...

【金管演奏の原理とその考察】 今日の膝打ちポイントはのP.20 ボウミール・クリルについて。 ここには、クリルがテクニック、音域など全てが一流で、いかに優れたプレーヤーだったかが記述されています。 中でも、ペダルトーンに関しては当時右に出る人がいなかったと言われています。 しかし、この最高のコルネット奏者と言われたクリルが、師事していた先生からプレーヤーとしてこれ以上ない