top of page

曲中でミスをしないタング(舌)のチャンネル作り


Daily Trumpet Routines by Claude Gordon


Daily Trumpet Routinesは、金管楽器プレーヤーが現場で一番要求される「ミスをしない正確さ」を習得するために、最も厳しいとされるLAのスタジオでプロとしての35年以上の経験、そして厳しい現場をくぐり抜けて来たゴードンの真骨頂とも言える教則本だと思います。



ゴードンはLesson1の中で『C-G-C-Gを音の動きがスムーズになるまで何百回と行うこと。そうするとCでは舌が下がり、Gでは舌が上がることに気が付くでしょう』と言っています。(下記英文参照) Repeat hundreds of times until the notes move easily and you become aware of the tongue moving up and down from "aw" to "Eee". When you "knack" or feel of this, move on to next lesson.

この感じがつかめたら次に進み、Lesson 3から精密なタングのチャンネル作りに入ります。

この本はタングの動きがなかなかスムーズに行かないと感じている人達には最高のギフトです。

閲覧数:89回

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page