Bullet Training 001 "MARS"の練習方法

一つのポジションを全モデルで練習します。 必要な所でブレスをとって下さい。次のポジションに移る際の2拍の休みはそのように休みます。一気に0ポジションから123ポジションに下がり、そして0ポジションに戻ります。


BULLET TRAINING "MARS"よりLESSON1

最初は途中でキツくなるかもしれません、その時は一旦マウスピースを口から離して充分休憩をとってそこから再スタートします。 厳しい練習ですが、これによって本来自分が持っている自然な吹き方が手に入るでしょう。

以下アマゾンの内容紹介より 2018年に発表された金管楽器練習の新教程が「ビュレット・トレーニング」。ビュレット・トレイン(bullet train)は直訳すると「弾丸列車」で、日本の新幹線を意味します。いわば超特急練習法です。ここでいう「超特急」には2つの意味があります。ひとつは、すみやかに目的地へ到達できる、つまりすぐに効果が実感できること。もうひとつの意味は、文字通り「ハイスピードで」エクササイズに取り組むこと。非常に速いテンポで、超高速のタンギング練習を行ないます。もちろん、やみくもに速く吹けばいいというものではなく、そこには緻密に計算された上達ステップがあります。10年以上開催してきた金管セミナーにおいて、全国各地で受講者のさまざまな課題と直面し、その解決策が考案されてきました。それらを整理分類して練り上げられた教授システムが、ビュレット・トレーニングなのです。本書はこの超高速エクササイズに準拠したテキストです。

94回の閲覧

Trumpet player

​Brass Educator

© 2020  Masashi Sugiyama

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey