top of page

Cat Andersonが考えるハイノートの秘密とは?


Cat Andersonは著書"Trumpet Method"の中で


「なぜウォームアップに ”G” なのか、とよく聞かれる。それはこの音が一番出しやすいからだ。この譜面にあるように、ミドルGでささやくようにppp ロングトーンを吹くことは理想的なアンブシュアの育成に役立つ。私が考えるに、これこそがハイノートの秘密だと思う」


と書いています。



これにインスパイアされて一気に書き上げたのが Super Long Tone。

ロングトーンに舌の動きを加えました。



1つの音をただ伸ばすだけのロングトーンは、フレキシブル(柔軟性)が損なわれ、アンブシュアが固くなってしまう危険性があります。また、曲にリンクしないロングトーンのためのロングトーン練習となってしまうことが多々あります。

ロングトーン練習には素晴らしい効用もありますが、上記の理由から危険性も少なくないのです。

そこで、ロングトーン中でも『動き』や『柔軟性』を損なわないためのロングトーン練習を考えたわけです。


閲覧数:72回

最新記事

すべて表示

ゴードンの教則本の使用方法

Claude GordonがLAロングビーチのクラーク宅でレッスンを受けていた頃に使用していたフレキシビリティの教則本。 驚く程細かくメトロノームの数値が記されています。当時の教則本の使用方法を垣間見た気がしました❗️ この貴重なツーショットはクラークの自宅の前で撮ったものだそうです。此処には私も一度行った事がありますが、かろうじてこの写真の面影は残っていました。

Commentaires


bottom of page