top of page

Cat Andersonが考えるハイノートの秘密とは?


Cat Andersonは著書"Trumpet Method"の中で


「なぜウォームアップに ”G” なのか、とよく聞かれる。それはこの音が一番出しやすいからだ。この譜面にあるように、ミドルGでささやくようにppp ロングトーンを吹くことは理想的なアンブシュアの育成に役立つ。私が考えるに、これこそがハイノートの秘密だと思う」


と書いています。



これにインスパイアされて一気に書き上げたのが Super Long Tone。

ロングトーンに舌の動きを加えました。



1つの音をただ伸ばすだけのロングトーンは、フレキシブル(柔軟性)が損なわれ、アンブシュアが固くなってしまう危険性があります。また、曲にリンクしないロングトーンのためのロングトーン練習となってしまうことが多々あります。

ロングトーン練習には素晴らしい効用もありますが、上記の理由から危険性も少なくないのです。

そこで、ロングトーン中でも『動き』や『柔軟性』を損なわないためのロングトーン練習を考えたわけです。


閲覧数:66回

最新記事

すべて表示
bottom of page