Happy Birthday, H.L. Clarke! (アメリカ時間 😁)


クラークの自宅前でのツーショット

ゴードンが初めてクラークにレッスンを受けた時の会話が実に印象的です‼️

ゴードン「私を一流のプレーヤーにしてくれますか?」 クラーク「それは出来ない!」 ゴードン「........。」 (がっかりしているゴードンに向かって) クラーク「しかし、上達する方法は教えて上げられる。」




学生時代、メイナード・ファーガソンに憧れていた私は、ゴードン著のSystematic Approachを見てMFのように楽々ハイノートが出せるようになるんだったら!と思いゴードンに師事しました。ところが、私に与えられたものはクラークをはじめ、Iron、Daily Trumpet Routine、Clodmirなどハイノートには到底結びつきそうにないものばかりでした。 しかし、ある時自然とそれらがリンクし合って自分が目指しているものに近づいて来たのを感じました。 ゴードンは、まさにクラークの言っていた『上達する方法』を教えてくれたのでした。

CLaude Gordonブラスキャンプを継承する形で始めた私のブラスキャンプもゴードンがクラークから伝授された『上達する方法』を紹介するものです。 是非この機会に『上手くなる方法』を学んで下さい❗️


「第5回杉山正ブラスキャンプ2019 in 札幌」

日  程:2019年9月28日(土)13:00~20:00(受付開始12:30) / 9月29日(日)11:00~15:30 会  場:豊水会館2階会議室

詳細&申込みはこちら! https://msbrasscamp-sapporo.amebaownd.com

23回の閲覧

最新記事

すべて表示

コルネットの名手なのに...

【金管演奏の原理とその考察】 今日の膝打ちポイントはのP.20 ボウミール・クリルについて。 ここには、クリルがテクニック、音域など全てが一流で、いかに優れたプレーヤーだったかが記述されています。 中でも、ペダルトーンに関しては当時右に出る人がいなかったと言われています。 しかし、この最高のコルネット奏者と言われたクリルが、師事していた先生からプレーヤーとしてこれ以上ない