Power Breakfast そしてChest Up


Whenever you start to play, if only one note, start with the chest up and the lugs full of air. This is your fuel.


演奏を始める時は常に、たったひとつの音符を吹く時でさえ、まず胸を上げ,肺を空気で一杯にするのだ。これがあなたの燃料なのだ。by Claude Gordon


気持ちが明るくなり、ポジティブになります。 是非お試しください!


Power Breakfastで思い出しましたが、ある年のClaude Gordon Brass Campでキャンプ場の料理スタッフ達が大慌てしたことがありました。なんと!CGブラスキャンプの前週に合宿を行っていたUCLAのアメリカンフットボールチームの選手達より、ブラスキャンプに参加していた金管プレーヤーの方がよく食べたため、食材が足りなくなった!というTrue story(笑)

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

コルネット奏者 ボウミール・クリル

今日の膝打ちポイントは【金管演奏の原理とその考察】P.21-22 ボウミール・クリルについて シェアした演奏は1903年のものですが、ここには、当時のイブニングニュース紙が1904年9月に行われたコンサートでクリルが演奏するこの“Dudu”を聴いた聴衆の反響を伝えた記事が紹介されています。 それを読みながらこのクリルの演奏を聴くと、まさにそこにいるかのような臨場感が味わえます。 そして、p.37に