Swingフィールを教えるセオリーとは


Women Compose Jazz

スタンケントン楽団にも在籍していたアメリカ西海岸を代表するマルチウッドウインドプレーヤー Mary Fettigがゲスト出演するコンサートです🎷❗️‬ ‪彼女に初めて会ったのは「ミス・サイゴン」を上演していたサンフランシスコのゴールデンゲートシアターでした。オーケストラピットの彼女の周りには、なんと7〜8本ほどの木管楽器が‼️ それらを1人でこなしていたのにはビックリでした!😳‬ ‪ミュージカルを家族で楽しんだことはもちろんですが、後日彼女の自宅で、まだ小学生だった娘にサックスの手ほどきをしてもらったことは一番の思い出です。そこで初めてブルースに触れた娘ですが、こちらの心配をよそにMaryと楽しそうにソロを取り合っていたことも思い出しました😊‬ ‪当時青少年のビッグバンドを指導していた私は、子供達にswingフィールを教えるセオリーを尋ねてみたところ、彼女の答えはまさに👍そしてある教本を教えてくれたんですね‼️‬

23回の閲覧

最新記事

すべて表示

コルネットの名手なのに...

【金管演奏の原理とその考察】 今日の膝打ちポイントはのP.20 ボウミール・クリルについて。 ここには、クリルがテクニック、音域など全てが一流で、いかに優れたプレーヤーだったかが記述されています。 中でも、ペダルトーンに関しては当時右に出る人がいなかったと言われています。 しかし、この最高のコルネット奏者と言われたクリルが、師事していた先生からプレーヤーとしてこれ以上ない