Virtuoso IIオーナー達のインプレ紹介

先月リリースされたVirtuoso IIですが、早速オーナーとなった方々からインプレが届きましたので紹介させて頂きます。

まずは、北海道ブラスキャンプディレクターの村上さんより 『昨日噂のVirtuoso II(V2)が到着しました。多分国内で一番早く届いたと思います。早速夜にサルサバンドのリハで実戦投入しました。 今までのVirtuoso GPでも軽く吹いてたつもりでしたが、V2はさらに軽く吹いても十分な音量が出ていました。ということは息のコントロールが更に楽になったと言う事です。持った感じもバランスが良く、「収まりが良い」って表現がぴったりです。音程も素晴らしく、ホーンセクションでリードを吹くときに、音程に気を使う必要がありません。 High-Cより上も「ひょいっ!」と軽く出る感じです。 GPでは気になりませんでしたが、V2と比べると無理して吹いてた様です。まさに「ストレスフリー」な楽器です。 ここまで良いと、別物の楽器です。今までのVirtuosoユーザーにも是非試奏して違いを体感して欲しいです』


そして、静岡県在住のアラ還Oさん。楽器店のトランペット講師で、ビッグバンドでも吹奏楽でもリードTpと大活躍です。 『僅かに小さくなって重心がベル寄り? でもM pをつけるとぐっと手の中に収まる。3トリガーが僅かに近づき握りやすくベルも小ぶりになり、まさにコンパクト。レシーバも薄くなって伝導率向上の感じ。吹いてみた ん?抵抗が増したでも息の抵抗でなく金属が厚くなったような心地良さ。音の移動がスムーズ!倍音同士が近づいたのにツボが外れない。音程による音色の変化が無いので安定した堂々とした響き。高音を強奏してもひならずでもまだ余裕がある。品格が上がった音色。とにかく吹きやすい、ストレスフリー。余計なコントロール不要で音楽に集中できると思います。タングの動きもコンパクトになっています。 あえてゴードン奏法というがまさにこの伝統的奏法に特化した楽器ですね。これからが楽しみです。 またレッスンが再開し、小3が2人入りましたが、これまで頂いたご指導が糧となり順調に進められています。それにしても様々な意味で最大の敵はコロナです!ビッグバンドのリード、吹奏楽でも全て1stを任されています。高齢者^_^頑張ります!』






閲覧数:126回

最新記事

すべて表示