クラークの教則本

今日の膝打ちポイントは【金管演奏の原理とその考察】のP27〜P31 にあるクラークの教則本について語っている部分。

「金管演奏の原理とその考察」のすべての内容は、ゴードンがH.L.クラークから教授されたものが土台となっています。

P27〜31には、「クラークの教則本は世界でよく使用されているものの一つだが、残念なことにクラークの教え通りではなく、使用する人たちの個々のアイデアで使われてしまっている」とネガティブな文章が記されています。

また、「ウインドコントロール」の章P97〜P100では、クラーク直伝のTechnical Studiesの進め方にも触れていますので、参考にしてください。

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

コルネットの名手なのに...

【金管演奏の原理とその考察】 今日の膝打ちポイントはのP.20 ボウミール・クリルについて。 ここには、クリルがテクニック、音域など全てが一流で、いかに優れたプレーヤーだったかが記述されています。 中でも、ペダルトーンに関しては当時右に出る人がいなかったと言われています。 しかし、この最高のコルネット奏者と言われたクリルが、師事していた先生からプレーヤーとしてこれ以上ない