クラークの教則本

今日の膝打ちポイントは【金管演奏の原理とその考察】のP27〜P31 にあるクラークの教則本について語っている部分。

「金管演奏の原理とその考察」のすべての内容は、ゴードンがH.L.クラークから教授されたものが土台となっています。

P27〜31には、「クラークの教則本は世界でよく使用されているものの一つだが、残念なことにクラークの教え通りではなく、使用する人たちの個々のアイデアで使われてしまっている」とネガティブな文章が記されています。

また、「ウインドコントロール」の章P97〜P100では、クラーク直伝のTechnical Studiesの進め方にも触れていますので、参考にしてください。

閲覧数:19回

最新記事

すべて表示

Bob Reevesと言えばMpcもさる事ながら、彼のバルブアライメントも米国内で最高の評価を受けています。 私の初アライメントは79年にLAを訪れた時。それが数年前から日本国内で出来るなんて隔世の感があり、そう言えばボブは毎年この時期に来日していた事を思い出した初秋。 よくアライメント後は如何なるのかと聞かれますが、私個人の印象を言えば、《東名高速を走っていて第二東名に入った感じに似ています⁉️