Brass Playing No Harder Than Deep Breathing

【金管演奏の原理とその考察】今日の膝打ちポイントは、p.18に書かれている『金管楽器の演奏は、楽に為された場合には楽しいものなのであり、演奏することは喜びとなる。演奏が間違った方法で行われ、また全くの力任せで行われれば、それは間違いなく拷問に他ならないのである』という言葉です。


原書原題は【Brass Plying No Harder Than Deep Breathing】で、この本の全ての内容はこの原題から導かれています。 音資料はラスベガスのスターダストで行われていた日常のステージの模様です。ワンステージで何十曲もこなすこのようなショーが毎晩休みなく年間を通して行われていたということから、楽に演奏できなければ疾病を患ってプレーヤー生命に支障を来たすのは免れなかったと思います。

このTpは高弟の一人マイク・ポールソンです。かく言うゴードンもラスベガスで毎日毎晩馬車馬の如くこのようなショーをこなしていました(ちなみにこの曲は22曲め) 下記リンクから聞ければ良いのですが... https://www.dropbox.com/s/qvo42ekhi1gsb08/22%20Track%2022.mp3?dl=0&fbclid=IwAR1S0yaEfTmVtPzpVBw_T7FTRRiRXAOWipTqlezcQ2h0yTPklspDbIda0vs

Trumpet player

​Brass Educator

© 2020  Masashi Sugiyama

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey