Happy Birthday, Clarke! vol.2 🎉🎉🎉

クラークは4冊の偉大な教則本を残しました。 そのなかでも柱となるのが、良く知られているTechnical Studiesです。 この教則本をクラークの指示通りに行えば、レッスン9 に書かれているこの言葉「正しく行えば何の緊張もない」に導かれます。

そして、最終目標である練習番号184をもって完結です!


動画は直弟子のクラウド・ゴードン。 この時は心臓バイパス手術後だったので少し手が震えていますが、ファンタスティックなプレイです。 動画が表示されない場合はこちらをクリックしてください。




30回の閲覧

最新記事

すべて表示

コルネットの名手なのに...

【金管演奏の原理とその考察】 今日の膝打ちポイントはのP.20 ボウミール・クリルについて。 ここには、クリルがテクニック、音域など全てが一流で、いかに優れたプレーヤーだったかが記述されています。 中でも、ペダルトーンに関しては当時右に出る人がいなかったと言われています。 しかし、この最高のコルネット奏者と言われたクリルが、師事していた先生からプレーヤーとしてこれ以上ない