Happy Birthday, Clarke! vol.2 🎉🎉🎉

クラークは4冊の偉大な教則本を残しました。 そのなかでも柱となるのが、良く知られているTechnical Studiesです。 この教則本をクラークの指示通りに行えば、レッスン9 に書かれているこの言葉「正しく行えば何の緊張もない」に導かれます。

そして、最終目標である練習番号184をもって完結です!


動画は直弟子のクラウド・ゴードン。 この時は心臓バイパス手術後だったので少し手が震えていますが、ファンタスティックなプレイです。 動画が表示されない場合はこちらをクリックしてください。




29回の閲覧

最新記事

すべて表示

コルネット奏者 ボウミール・クリル

今日の膝打ちポイントは【金管演奏の原理とその考察】P.21-22 ボウミール・クリルについて シェアした演奏は1903年のものですが、ここには、当時のイブニングニュース紙が1904年9月に行われたコンサートでクリルが演奏するこの“Dudu”を聴いた聴衆の反響を伝えた記事が紹介されています。 それを読みながらこのクリルの演奏を聴くと、まさにそこにいるかのような臨場感が味わえます。 そして、p.37に