Lift Fingers High, Strike Valves Hard

ゴードンからは『右手の指は高く上げて、バルブをしっかり強く叩く』よう常に言われました。 この時、指の腹の部分ではなく、指先でバルブを叩くことも大事なことです。 ゴードンは自らこの言葉が刻まれたスタンプを作っていたくらい重要事項と考えていました。 その証拠に私のテクニカル・スタディースのすべてのページにレッスン時に押しまくったスタンプの跡が(笑)

すべてのページに赤のスタンプで押された!!



この他に、親指もまっすぐ直角にリードパイプの下にセットするようにも言われました。 アルトゥーロ・サンドバルは流石に完璧ですね🎺



ドクもそうですね!



38回の閲覧

最新記事

すべて表示

コルネット奏者 ボウミール・クリル

今日の膝打ちポイントは【金管演奏の原理とその考察】P.21-22 ボウミール・クリルについて シェアした演奏は1903年のものですが、ここには、当時のイブニングニュース紙が1904年9月に行われたコンサートでクリルが演奏するこの“Dudu”を聴いた聴衆の反響を伝えた記事が紹介されています。 それを読みながらこのクリルの演奏を聴くと、まさにそこにいるかのような臨場感が味わえます。 そして、p.37に